04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

enjoy my life with まったり犬

 超ジャンボなラブラドール・チャッピイののんびり日記です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

訃報。 



今朝から吐き気が収まらない。何が原因かは自分が一番よく知っている。


早朝、訃報が入った。
大学の後輩。それで元同僚。
一緒に勤務して偶然大学が同じで後輩だと分かった。
それでも彼女
はとても大人びていて達筆で、判断力が素晴らしくよくて。
頼って
ばかりだった気がする。
今となってはいい思い出だけど、あの頃は上司のセクハラにもう一
人の超美人系Mちゃんと三人で相談して結束して対策を練ったりした。
翌年の春の異動で突然「仕事で別居中のダンナが地元の両親と
一緒に暮らそうと言ってくれたから帰るわあ」と言って引っ越していった。
それから私も結婚して職場を離れた。
それ以来、年に数回
連絡を取り合い、お茶したり、たまたま同じ職場にいた私の同郷の友達と二人で金沢へ訪ねて来たりもした。
女友達というのは淋しいもので、結婚したり子どもが生まれたりと
環境の変化に比例して、次第に会うことが難しくなっていく。
彼女
とも頻繁に会うことはなかったが、なんとなくつかず離れずでここまで付き合ってこれたと思っている。きっと彼女も。
今年のお正月、初めて年賀状が途絶えた。
ちょっと不安に思ってい
たが、仕事や子供のことや何やかやで抱える苦労はお互い様、と思い、連絡を遠慮した。
これがいけなかった。なぜ電話の一本もしな
いで、終わらせたのか。
今朝地元の友達から「今年のお正月頃に倒れてね、転移したと風の
便りで聞いた。それ以来意識不明で」と聞き、頭が真っ白になった
地元の友達や同僚たちは一昨年から体調が悪いことを知っていた
らしかった。
自分だけ。。。悔やまれてならない。








もう思い出が消えた。
笑いや涙も消えていく。
三人で上司に反抗し
てミニ打ち上げをした思い出も。
毎週土曜日の昼、仕事帰りに二人
で平和町で焼き魚定食を食べるのが楽しみだったことも。
早すぎるとか、子どもは?。。とかいろいろ思うこともあるが、
論として、もうしばらく何かに縋ってでも生きていこうと思っている自分のために、もう一度、あの静かでしなやかなおしゃべりを聞きたい。
声を聞きたい。
たとえ追っかけたところで、どこでももう
会えるはずないのだから。


今さら何を言っても始まらないけど。
この世を出る時は辛いんだろうね。きつかったでしょう?
ようやく解放されて、これで安らかにゆっくり眠れる。
最高の後輩で、大事な友達。ありがとう。


悔しすぎて、まだまだ涙も出やしない。
多分当分の間、この強烈な吐き気から逃れることはできそうにない








スポンサーサイト

Posted on 2012/05/12 Sat. 12:59 [edit]

category: どうでもいい話

TB: 0    CM: 0

12

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomokami1031.blog54.fc2.com/tb.php/479-3ec6ffdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。