04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

enjoy my life with まったり犬

 超ジャンボなラブラドール・チャッピイののんびり日記です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

北陸には恵みの雨ですが。。。 

【降るには降ったけど。。。】





20110918 (5) 





一応降るのは降りました。。。。でも今朝は快晴。 降水量もそう多くありませんでした。





雨の多い秋を迎える北陸としては適度な降水量で、悪くない感じで上がりました。






でも、日本の様々なところで。。。。台風の雨の影響で、やむなく避難されている方や、







貯水ダムが満杯になり、決壊の不安が消えない方など、







地震の影響がまだ響いている東北地方のみならず、多数の地域で辛辣な日々を迎えている方もいらっしゃるようですね。





心からお見舞い申し上げます。





「これくらいの雨。。。」なんて言葉はとても贅沢でわがままな言葉なのかもしれません。









20110918 (1) 


今朝の金沢の空は、日中の暑さとは対照的でした。





気温も22,3度。りっぱな秋晴れの空でした。





北陸電力体育館の上空をたくさんの鳩。。。。





この季節、彼らの姿をよく見かけます。

(この近所に飼育されているお家があるのです)




いつもハハはこの辺りで鳩の数を「一羽、二羽、三羽。。。。」と数えながら歩きます。





調子いいところでチャッピイがリードを引っ張るので、ちゃんとまともに数えられたことはないのですが。








20110916 (2) 



雲の様子もよくわかり、鳩を数えながら歩くのは好きなんですけどね。。。。引っ張るから。。。。




雲もすっかり「秋仕様」になってしまいました。












20110916 (26) 





1日前に「日々の生活に。。。」という題目で書いたのですが、







実は本当に書きたい所まで来る前にたくさん書きすぎたので、







今日こそ本題に。というか、先日の題目のPART2ですね。。。笑







我が家のコスモスは今日もたくさんのピンクの花をつけています。







そしてそのすぐ近くに、ようやく青紫蘇が花を付け出しました。 ↑


これらの紫蘇はハハが大切に育ててきたものです。



 


去年近所のご主人が亡くなられ、その時に奥さんがご主人が大切にしていらした野菜を町内の同じ班一軒一軒に分けて下さったのです。 (お葬式に参列したお礼も兼ねて)


ウチは大きなジャガイモたくさんと長ネギ、娘の大好物のブルーベリーの実、そして土をつけたまま新聞紙に包まれてあったのがまだ根っこのついた青紫蘇。もう収穫された野菜だったら頂いて終わりだったのかもしれませんが、この根を付けたままの、土だらけの紫蘇にハハは考えてしまったのです。

大きくてきれいな葉っぱ数枚を収穫して、茎を亡き父の離れの庭の隅にそっと植えました。葉自体がこんなに柔らかいもの、きっともう駄目だろうなあ。。。と諦め半分で。。。

実際このあと数日は萎れたままでしたが、結果的に元気を取り戻し、結構長く我が家の食卓に。。。

奥さんはお孫さんの送り迎えやご主人が残された盆栽の片づけ等で忙しそうで、なかなか野菜や青紫蘇のお礼ができなかったのですが、そのまま冬になり、雪が降り出すと皆、外へはあまり出てきませんしね。。。


今年3月に息子が頭蓋骨陥没骨折という大きな怪我をした時、学校内で部活中の事故ということで、副校長先生から丁寧なねぎらいの電話を頂きました。

その時に「確かお宅は〇〇町のOさん宅の3軒隣ですよね」とおっしゃるので、「はい。。。」と答えながら、なんでしってるんだろう?。。。とちょっと不思議に思いました。(本当は不審に。あは)


私たちの住んでいる町はけっこう皆さん、健康に気を付けている方が多く、春になり日が長くなってくると、たくさんの人が早朝4時30分くから散歩しています。それでチャッピイに声をかけて下さる方も多いのですが、Oさんの奥さんもお友達3人で5月から散歩に出ていらっしゃるようになりました。普段は軽く挨拶を交わすだけでしたが、先月
ふと「ねえ、私の作った紫蘇のふりかけ食べてみない?」とおっしゃいました。


それで去年、花が終わった後の紫蘇の実を収穫して春先にもう一度撒き、その木が大きく育ってきたことを話したのです。


奥さんは「去年はなかなかショックから立ち直れなくて、とにかく皆さんにおじいちゃんのせっかく育てたものを食べていただこうと誰に何をあげたかわからんかったんだけど、そんな嬉しいことを。。。。」と涙ぐみながら。。。

「ふりかけ下さい。それを真似して私も作ってみようかな」と話したところ、「もうおじいちゃんの畑は処分したけど、やっぱり寂しくてねえ。できたら今年のその紫蘇の実を私にもらえんかね? 来年は私が庭で育ててみたいわ」と。


この日からハハは朝起きてまず紫蘇の様子を観察し、夕方にもたっぷり水をやり、虫が付きやすいと聞いたので、よく注意して間引きしてきました。紫蘇たちはハハのそんな気持ちを知らずにたくさんのきれいな葉っぱを付けましたので、近所や友達にたくさんおすそ分けしましたが。笑

ようやく花が咲きました。そしてこの後きっと実が。。。。


ウチのあのアホ息子、先週また怪我をしました。それも体育でサッカーをしていて。。。あれほど「サッカーは禁止だ」と国立病院の主治医に言われたのに。もう呆れ果てて開いた口がふさがりませんでした。


とにかく病院へ来てほしいということだったので、迎えに行き、「靭帯の損傷」だとか「半月板の傷」だとかいろいろ疑われていましたが、もうハハはどうにでもなれ。。。という心境。。。


結局しばらく様子を見ることになり、その後学校へ鞄や状態を伝えに。。。教室はまだ7限めの授業をしていたようでしばらく入れないというので、外で待つつもりで校門を通ると、30m位先の校舎の正面玄関に一人の中年男性が立っています。。。「あ、副校長の荒木先生や」と息子。。。ハハも息子も固まりました。。。。。


車を停めて急いで外へ飛び出し、「あの、またご迷惑を。。。」と言いかけたところ、荒木先生は「またしても大変なけがをさせてしまい、まったく監督不行き届きで大変申し訳ございませんでした」と深々と頭を下げられてしまいました。「いえいえ、今回は心に隙があったからこそ。。。」というハハの言葉を「そんなことはありませんよ。でも受験生ですからね。こちらも。。。。」と丁寧に、こちらが不愉快な思いをしていないか、と十分に言葉に気をつけて話されているのがよくわかりました。


息子はなかなか教室から戻ってきません。その間一緒に付いてきた娘と三人でいろいろな話をしました。ご自分のお子さんのこと、そして息子の野球部での頑張りと、本当にたくさんのことを。決して大きな高校ではありませんが、息子のことも娘のことも本当によくご存知で、客観的な言葉も聞き、その時ハハは「この学校に二人共を入れてよかったのかもしれない」と6年目にして初めて実感しました。

そしてもうそろそろ娘が様子を見に教室まで行ってもうそろそろ降りて来そうだというところで、荒木先生は「お宅の近所にOさんってお宅がありませんか。」と聞かれました。「はいあります。何か、お知り合いでも?」と聞くと、「実は私の家内がOさんからお嫁に来ていたんです。」と。「ええーっ?」「でもね、もういないんですよ、家内は。お母さんは元気にしていらっしゃいますか」「はい。お父さんが亡くなられたのは?」「ええ、お葬式にも子供たち3人を連れて参列しました。」「それで奥さまは?」「お父さんよりずっと先に、13年前に亡くなりました」

そう言えば、ハハが3年前に自分の父を亡くした時にOさんの奥さんは「日々に寂しくなりますね、一緒に暮らしていなくても寂しかったから」と声をかけて下さった時のことを思い出しました。あの時きっとハハの悲しそうにしている様子を見て、自分とだぶらせて忍びなくて声をかけて下さったのかもしれない。

「荒木先生、私Oさんのお父さんの育てられた紫蘇を作っているんです。今度Oさんに種をお渡ししますから、よかったら先生もお宅で育ててみませんか」「ええ、いいですねえ、お父さんの作られていた紫蘇ですか。わかりました。ぜひ」

二人でニコニコ話している所へ、ようやく息子が娘に荷物を持たせて、慣れない松葉杖に苦戦しながらやってきました。







20110916 (30)




荒木先生はウチの子どもたちを見ながら、きっと亡くなられた奥さんの実家を懐かしく考えられたこともあったことだろうと思います。「お子さんの顔を見ると、そうかあの近くから通っているんかーと思ったこともありましたよ」と。また
「やっぱり男一人では苦しかったですよ。苦労しました」と言われましたが、立派に三人のお子さんを育てられ、
そして数十年間この高校で仕事に従事していらしたようです。ハハは帰りの車の中でふと涙がこぼれてしまいました。


昨日、早朝のお散歩から帰っていらしたOさんの奥さんに「もうすぐですよ。」と声をかけました。そして荒木先生のことも。。。奥さんは懐かしそうに、ちょっと寂しそうに「そうですか、会われたの?元気そうでしたか?」と聞かれました。「お宅の祐介くんやあゆみちゃんのこと、荒木さんから聞いていたんやわ」とも。


ハハは今日も紫蘇の様子を見ました。こんなにまじめに一生懸命植物の世話をしたのは初めてです。

無事に立派な実をつけてくれるといいなあと、楽しみにしています。







今日はチャッピイの話題でなくて、ごめんなさ~い。



ではまた。




























スポンサーサイト

Posted on 2011/09/18 Sun. 17:23 [edit]

category: チャッピイ

TB: 1    CM: 0

18

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomokami1031.blog54.fc2.com/tb.php/420-786f6ef5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あなたも思い通りに盆栽を育てられる!

忙しい社会人や、育児中の主婦、これから定年を迎える人でも楽しく簡単にしかも自宅で盆栽を覚えることができます。

自宅で学べる盆栽上達法 | 2011/09/20 07:41

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。